『米国プライバシー法に関するコンプライアンス対応』

米国プライバシー保護法の執行動向およびCCPAへのコンプライアンス対応にスポットを当てたセミナーを開催します。

 

今般、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA: California Consumer Protection Act)が制定され、2020年1月 1日から適用開始が予定されています。CCPAは、カリフォルニア州で事業を行う事業者であり、カリフォルニア州居住者の個人情報を収集、売却するものに対して幅広く適用されます。プライバシー保護法制について豊富な知見を有する3事務所の弁護士より、実務に即戦力としてご利用いただけるよう遵守へ向けてのステップをご説明いたします。米国で は今までにない斬新な包括的保護法の導入となり、来年1月までに遵守体制を整えるためには各事業者のIT、システム・ セキュリティー部門に加え、マーケティングや渉外部門などとの横割組織による情報管理体制の見直しが必要となるた め、ぜひこの機会にご参加下さい。

 

日時: 2019年6月11日(火)16:00~19:00(受付開始 15:30)

場所: College of San Mateo Campus(1700 West Hillsdale Boulevard, San Mateo, CA 94402)    

駐車場は有料($3.00/day)のため、駐車場内にございますparking permit machineにてdaily permitをご購入のうえ、 ダッシュボード上など周囲から見やすい場所にご提示ください。なお、当日の会場に近い駐車場「Olympian Lot 12」には、 下記マップ上の「V」の記載がある位置にParking permit machineがございます。

https://collegeofsanmateo.edu/map/docs/CSMCampusMap.pdf

定員: 50名(申込受付順。定員に達し次第、受付を終了します)

講師: 田中浩之(森・濱田松本法律事務所東京オフィス・パートナー弁護士)

ディパロ真紀( アルストン&バード法律事務所アトランタオフィス・シニア・アソシエイト弁護士)

杉本武重(バード&バード法律事務所ブリュッセルオフィス・パートナー弁護士)

**講師紹介ほか、詳細は添付ファイルをご参照下さい。

**お申し込みは下記Eventbriteページよりお願いいたします。

https://www.eventbrite.com/e/62073274836

©2019 by Japanese Chamber of Commerce of Northern California.