第4回 JCCNCセミナー『スマートガン開発者と考えるアメリカの銃規制と未来』

多くの方がCOVID-19の影響を受けてこれからのビジネスや働き方について考え直す事になったと思います。そして5月のミネアポリスにおけるジョージ・フロイド氏の死をきっかけに始まったBlack Lives Matterムーブメントは、多くの方にとって人として生きる事やアメリカで生きていく事について考え直す機会になったのではないでしょうか?

 

さて、7月4日にアメリカは独立記念日を迎えますが、このタイミングに「アメリカの銃規制と未来」について考えてみませんか?銃の問題を考える事は、アメリカの根幹ともいえる合衆国憲法権利章典 (Bill of Rights)を考える事にもなり、Black Lives Matterにおけるプロテストについて考える事にもなるかと思います。これからの時代をアメリカで生きるにあたって考える機会にして頂ければと思います。

 

講師にはニューヨーク市立大学工科校 機械工学・工業デザイン学科准教授のナカムラマサト氏をお迎えします。中村氏はより安全で持続可能な社会を実現するために、銃の本人認証や自殺防止技術、銃乱射を特定の地域で防ぐ位置認証の技術を取り込んだスマート・ガン、及びその関連インフラを含めた包括的なスマート・シティ技術の研究にも力を注いでいらっしゃいます。セミナーでは日本人にはわかりにくいアメリカ社会と銃に関する様々な疑問を自殺・他殺、銃乱射、犠牲者、加害者、犯罪、家庭内暴力、治安などの関連するキーワードも含めて解説していきます。

 

疑問の一覧

•             銃の暴力とは?

•             何故アメリカだけ銃による犠牲者が他国に比べて圧倒的に多いのか?

•             何故アメリカは銃管理に成功していないのか?NRA(全米ライフル協会)とは?

•             ファイヤーアーム(火器)産業は何故なくならないのか?

•             その銃の暴力を抑制する取り組みとは?

•             製造するのに使うテクノロジーは?

•             銃関連法案は?

•             合衆国憲法修正第二条とは?

 

セミナーに参加する前に下記の動画と記事のどちらか、もしくは両方を見て頂くと理解が深まるかと思います。

 

1)NRA Under Fire (full film) | FRONTLINE Premiered Apr 2, 2020

https://t.co/5xHvZJel8R?amp=1

 

2)アメリカで「撃てない銃」を造る日本人。

「1人でも多く生きて」毎日100人が銃で亡くなる国で願う

Oct. 07, 2019, 05:00 AM

https://t.co/ilCVvvX37b?amp=1

 

日時:7月10日(金)4:00pm-5:30pm

 

内容:

4:00pm-4:05pm 今回のセミナーについて(中島)

4:05pm-4:50pm スマートガン開発者が考えるアメリカの銃規制と未来 (ナカムラ講師)

4:50pm-5:30pm 質疑応答と対談:ナカムラ講師 x 中島セミナー委員長

 

会場:Zoom Webinarにて開催

 

講師: Dr. ナカムラ マサト

地球環境学者、エンジニアリング・サイエンティスト、工業デザイナー。ニューヨーク市立大学工科校(New York City Tech, CUNY)機械工学・工業デザイン学科アソシエイト・プロフェッサー(准教授)。

詳細なプロフィール

http://masatonakamura.tech/2019/03/24/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab/

Twitter:https://twitter.com/MasatoNakamura

 

司会:中島恒久  JCCNCセミナー委員長(Fujisoft America, Inc. COO)

 

言語:日本語

定員: 500名

参加費:無料

©2020 by Japanese Chamber of Commerce of Northern California.